ED勃起不全と生活習慣病

生活習慣病とは長年の間違った生活習慣によって引き起こされる病気の総称です。喫煙、飲酒、運動不足、食事などの習慣が深く関わっているものと考えられています。かつては成人病と呼ばれ、脳卒中、がん、心臓病は3大成人病として現在も保険などでは呼称が残っています。主な生活習慣病として、前述のほかに糖尿病、高脂血症などがあり、これらの病気がED勃起障害の背景にあることが多いようです。

30代以上で、ときどき勃起しなかったり、途中で元気がなくなったりという男性は、実は驚くほど多いです。しかし「誰に相談していいのかわからない」「自分の症状が治療の対象になるのかわからない」などの理由で、対処を先送りにしている人が多いのでしょうか。男性の勃起機能問題はいろいろ悪い影響があり、勃起不全の原因は大体体自身の問題、生活習慣によって勃起不全になり、または精神的な原因です。今日はその生活習慣によっての勃起不全について詳しく説明します。

飲酒

実は酒のアルコールはちゅうす神経系を抑制するように働いてきます。お酒を飲んだあと、アルコールが勃起中枢を麻痺してしまい、勃起の機能を妨げられしまいます。

喫煙

喫煙は飲酒と違って悪い影響しかありません。タバコを吸うと血行障害が起き、特に男性にとって性器の周りの血液の流れが悪くなります。

肥満

研究によりますと、肥満の男性は肥満していない男性より性器が小さく見えます。


引用される文章はこちらへ:
ED勃起不全と生活習慣病

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です