誰にも知られず購入できる

最近では、インターネットや通信販売などで、個人輸入代行業者がバイアグラの販売を行っているのを見かけることがあります。

バイアグラは25mgと50mgの錠剤は日本でも認可されており、医師の処方箋があれば薬局で購入することができます。しかしコストパフォーマンスがよい100mgの錠剤は効果が強いこともあり、日本では未承認医薬品として分類されています。

しかし、未承認医薬品は薬局で販売できないというだけで、日本に持ち込んでは行けないというわけではないのです。薬事法では、個人が自分自身の使用目的のために海外で医薬品を購入し持って帰ってくることを、数量を限定して認めています。概して言って、一回につき一ヶ月分、つまり30個以内のバイアグラ 100mgの錠剤であれば個人輸入が法的に認められているのです。

ただし、個人輸入代行業者を介してバイアグラを購入する際には注意が必要です。それは、購入した薬品の効能や副作用についてのリスクは輸入者の自己責任だからです。中には偽物を売りつける代行業者までいるほどです。ですから、個人輸入代行業者は、慎重に選ばなければなりません。

バイアグラを個人輸入代行経由で購入するメリットには次のものがあります。

誰にも知られず購入できる

「自分の悩みをだれにも知られずに解決したい」これは男性の本音。ですから、バイアグラの個人輸入は人気があり、これが一番のメリットといえるでしょう。

格安で購入できる

日本国内でもバイアグラジェネリックの処方が開始され始めましたが、海外には日本市場には出回っていない医薬品がたくさん流通されています。ED治療薬にも日本国内で承認されていないもの、そしてジェネリック品が多数販売されています。

時間を節約できる

ED患者の中には、忙しい会社員の方も多くなかなか医療機関へ行く時間が取れない方もいます。

引用される文章はこちらへ:
バイアグラの個人輸入について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です